SSブログ

左右が分からない寝 [猫あるある]

2024年2月7日(水)晴れ。「最高気温は8度から10度くらいで、平年並みの予想です。震える寒さになったきのうに比べると3度前後高くなる所が多いでしょう。」のアナウンス。

左右が分からない寝+
左右が分からない寝の「すももの風景+」。ソファに寝転びながら振りむくすももちゃん。その後、リビングを離れ戻ってくると変な寝姿?左右が分からない寝姿になっていた。左右が分からない寝のすももです。

#すももは猫ですが、眼視顔です。すももに隠れて、何か食べてニャいかい?
sumomo365_20211130_sleep_00.jpg
2021.11.30.未公開画像。
・・・・・・・・・・
#すももは猫ですが、「左右が分からない寝」ですね?
リビングに戻って来た時に撮影、不思議な姿になっていたすももちゃんです。
sumomo365_20211130_sleep_01.jpg
2021.11.30.未公開画像。
・・・・・・・・・・
#すももは猫ですが、真上から見ると巨大猫ですね?多分、知らんけど・・・・
sumomo365_20211130_sleep_02.jpg
2021.11.30.未公開画像。
・・・・・・・・・・
国際公募展「美は国境を越えて」2024+
#すももは猫ですが、国立新美術館にお出掛けですね?波が龍に変化の辰年だニャ?
注)展覧会は2月5日に終了です。
sumomo365_20240204_Art_Beyond_Boundaries_00.jpg
・・・・・・・・・・
#すももは猫ですが、一応、猫ブログなのでニャンズが登場だニャ!!
sumomo365_20240204_Art_Beyond_Boundaries_02.jpgsumomo365_20240204_Art_Beyond_Boundaries_08.jpg
・・・・・・・・・・
#すももは猫ですが、気になった三匹のお猿さんだニャ。寒そうだニャー?
ドイツ人の作品。写実・リアリズムを追求?
sumomo365_20240204_Art_Beyond_Boundaries_07.jpg
・・・・・・・・・・
#すももは猫ですが、Boss365がちょい気になった作品だニャ。
デンマーク人の作品。抽象的で不思議な浮遊感・空気感あり、ライブペインティング風なタッチで「禅の影響を感じる描写」と勝手に推測です。
sumomo365_20240204_Art_Beyond_Boundaries_03.jpg
・・・・・・・・・・
カラスウリと百舌鳥の早贄(ハヤニエ)+
#すももは猫ですが、SSブロガーの曉烏英さんの作品を発見だニャ?
曉烏英(あけがらす ひで)さんの本名を知らなかったのですが「鮮やかなカラスウリ」を見て勝手に推測・確信です。また、念のために受付の女性の方に「曉烏英さん」の名前を出して尋ねたら「千葉の方で、◯◯さんですね?」とすんなり言われ、展示場所を教えてくれた。感謝です。
sumomo365_20240204_Art_Beyond_Boundaries_04_1240.jpg
・・・・・・・・・・
#すももは猫ですが、カラスウリとモズのハヤニエを確認です!!間違いニャいです。
鮮やかなカラスウリと百舌鳥の早贄(ハヤニエ)のコントラストある光景が興味深く、季節(晩秋)を感じる風情ある景色が描かれていた。大変難しい題材・アイテムを選択しオリジナリティある作品に仕上げている。チャレンジャーな作品で「カラスウリ・百舌鳥・ハヤニエ・トンボ・秋の野草・山並み・・・」をどう構成し纏めるか?繋がり合うモノと重なり合う風景あり、大変難しい道筋で「気の抜けない描写作業だった」と勝手に推測です。大変お疲れ様でした。
sumomo365_20240204_Art_Beyond_Boundaries_05_1240.jpg
国際公募墨画展 美は国境を越えて 2024。色々な国の人々が墨画作品を通じて文化交流、興味深く面白い展覧会でした。墨画・水墨画としては、枠をはみ出した?ジャンルを超えた作品もありますが、フラットな心持ちで接すれば「新しい発見」あり、ボスママと「あーでもないこーでもない」の会話をしながら楽しい時間を過ごす事が出来ました。大変魅力的で可能性ある『墨画「SUMIーE」の世界』をチラッと垣間見た感じです。ボスママは「すーちゃん(すもも)を墨画で描いたら・・・」と安易にリクエストして来たが、筆をどこから入れて良いものか?大変悩ましい。

追記:「筆をどこから入れて良いものか?」は、どこから筆を入れて描いて良いものか?「書き順」に悩んで「分からない寝」です。言葉足らずで申し訳ないです。
・・・・・・・・・・
帰り際+
#すももは猫ですが、マティス好きのボスママ、気にニャったみたいです。
Boss365も大好物のアンリ・マティス、機会を見てお出掛けです。
sumomo365_20240204_scene01.jpg

・・・・・・・・・・
づぶやき+
モズのはやにえ。幼い頃、カラタチの木に干からびたカエルが刺さっている光景に遭遇した事がある。寒い季節に見る残酷な風景。「モズのはやにえ」と呼ばれる習性で、獲物をその場で食べないで、枝などに獲物を突きさしておく貯食行動です。冬の食料確保が目的みたいですが、そのまま放置される事も多いらしい。「モズのはやにえ」を見た事ありますか?ところで、イギリスではモズを「屠殺人の鳥」ドイツでは「絞め殺す天使」と呼ばれているらしい?

工事音。マンション上の階の部屋が改装・リフォームなのか?朝からインパクト等の工事音が鳴り響いている。詳細が分からないが・・・ちょい心配です。

2月8日(木)追記:昨日、真上から金槌の音が聞こえる。3回叩いて止まる感じ?また、道具を床に置く音が意外にうるさい。リフォームのお知らせが、掲示板に貼られいるみたいだが、詳細をまだ見ていない。暇見て管理人に聞いてみよう。

2月9日(金)追記:掲示板を見ると3月まで続くリフォームみたいだ。昨日はトイレ・バスルーム辺りからバタバタする音が響く、エレベーター内も養生シートで保護されていたので、大きな廃棄物の持出しが、ありそうです。お風呂場・バスユニットの交換は確実にあると、勝手に推測です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブログ「すももの風景」に訪問して頂き、ありがとうございます。諸事情により、コメント・返信等が出来ない可能性があります。気が向いたら、コメントで感謝です!?(=^・ェ・^=)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
nice!(124)  コメント(48) 

nice! 124

コメント 48

わたし

左右が分からない寝
わたしは、すももちゃんの背中の柄が大好きだったので、わかりますよ!(^-^)
水墨画、いいものですね、和風の家だったら掛け軸とまではいかなくても、かざりたいです。曉烏英さまのページも拝見させていただきました


by わたし (2024-02-07 10:30) 

hana2024

おはようございます。
本日登場のすももちゃんは、まさにお団子みたいな…「左右が分からない寝」状態ですね♪
バックの淡いピンクのケット、チェックのカバーの上のすももちゃんの姿は、なんとも懐かしいニャァ^^ 
すももちゃんの眼視顔とは? 人間をじっと観察中の鋭い視線の事かしら?
田舎暮らしながら、「モズのはやにえ」は見た事ありません。
例えるならリスがどんぐりを地面に埋めて、それを忘れてしまうのと同じ状態なのかしら。
ボスママさんは、マティスがお好きですか。
フランス人画家らしく、その作品のほとんどがフランス国内の美術館で保管、公開されている模様ながら、ビビットで大胆な配色がイメージされました。
ご夫婦で新国立美術館へお出かけなどと、家の生活から大きくかけ離れた、知的で素敵なライフスタイルと感じられます。
しかも、水墨画。家の夫など完全に興味を示しませんものね。
SSブロガーの曉烏英さんの作品を発見されたのにも、思わぬ縁を感じます。きっとご本人もお喜びですよ^^

by hana2024 (2024-02-07 10:30) 

JUNKO

ほんとどっちにあたまがあるのかわかりませんね。モズとカラスウリいい作品でです。
by JUNKO (2024-02-07 11:09) 

リュカ

あははは(笑)
左右が分からない寝、これはすごいです!
うみ饅頭もびっくりのすももちゃんだ!
展覧会、デンマークの人のこの作品、私も気に入ったんですよ。映画のワンシーンにもなりそうだなって思ったのw
すももちゃんをぜひぜひ描いてみてほしい!
筆をどこからか手に入れたら教えてください(笑)
次回はマティスですよね。去年の5月にマティス展に行ったので、今回この展覧会はスルーするつもりです。Bossさん、行ってきたらレポをお願いしたいわ^^
by リュカ (2024-02-07 11:38) 

まつき

「左右が分からない寝」、面白くて良いですね~!!
アンモニャイト状態の時って上から撮る事はあるんですが、
背中側からは撮った事がないような?
チャンスがあったら真似っこして撮ってみます♪
Bossさん作のすももちゃんの水墨画、楽しみにしてます~!(^^)!
学生の頃、お茶の水のLEMONによく通っていたのですが、
確か画材もかなり揃っていたような?
by まつき (2024-02-07 12:05) 

marimo

左右がわからない寝(笑)
なるほど。丸くなっているとどっちがどっち?ですね。
モズって、大阪府?大阪市?の鳥みたいです。
肉食で残忍な鳥というのは、ドラマ「Mozu」で知りました。
もずのはやにえは、初めて聞く単語、そして見たことありません。
木の枝にカエルの光景は、さぞかし少年の心に刺さったことでしょう。
お坊さん、馬の水墨画?は、墨の飛沫で描かれているのでしょうか。
偶然の産物なのか?意図したのか?あっぱれです(笑)
すももさんの水墨画も楽しみにしています~♡
by marimo (2024-02-07 13:10) 

wildboar

モズは恐い鳥なんですね。
曉烏英さんの作品、よく分かりましたね。
どれも目を魅かれる作品ですねえ、私はこういう絵が好きです。
by wildboar (2024-02-07 13:22) 

kontenten

『モズのはやにえ』って云うのですね(゚ω゚)
モズがカエルを枝に刺して後から食べようとして忘れてしまう・・・
そして、細菌が繁殖してモズを光らせるって聞いた事がありました。
そう云えば、リスもドングリを地中に隠して忘れてしまい、やがて
そこからドングリの芽が出るみたいですが・・・似てますね(^_-)
 なるほど、モズの下にカラスの瓜が実っていて、その情報に早贄
そして、地面にはススキ? 日本の原風景が描かれていますね。
それも、SSブログのブロガーさんとは・・・スゴいですね(^o^)
 OH!猫さんたち・・・長毛さんも素敵ですが、短毛さんもたくさん
母子の猫さんと・・・上に居るのは??? オヤジさん???
やっぱり、それぞれの作品が掛け軸になっているのが壮観ですね。
やはり・・・和の感じは額装で無い方が佳いのかも知れませんね。
さて、すももさん・・・ボクは左右・・・わかりましたよ(^_-)
お耳とヒゲが・・・右奥からこっそり覗いておりますよ(=^..^=)ミャー
すももさんの未公開写真・・・たくさん出て来ますね(゚ω゚)
表紙を飾るポコタの写真が中々撮れずに難儀しております(><)
by kontenten (2024-02-07 13:34) 

ミケシマ

鋭いすももちゃん!Bossさん何を食べていたのかなー?
左右がわからない寝のすももちゃん、猫さんってどこがどうなってるのかわからないこと多いですよね。笑
すももちゃんの可愛い背中をモフモフしたい(≧∇≦)
左右対称の模様も素晴らしいですよね°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
国立新美術館、いちどだけ行きました。
時間がなくてお土産屋さんをチラ見しただけだったから、次はじっくりと作品鑑賞したいです。
国境を越えた墨画作品の数々…
国や時代を飛び越えて、傑作が生まれるのは嬉しいことですね。
おっ、次はBossさんとボスママさんがお好きなマティス展ですか(*^^*)
ご夫婦で趣味が合って羨ましいです。笑
私も久しぶりに美術館に行きたいです。
いま、狙っている企画展があるのですが、夫が乗り気じゃないんですよね。
友達を誘うか…。
モズのはやにえ、見たことないです。
カエルも超苦手だし、子供の頃に見たら変なトラウマになっていたかも!?
by ミケシマ (2024-02-07 14:02) 

tarou

こんにちは、アイビースクエアにコメントを
有難うございました。
訪れた時は、コスプレ開催日だったようで、
美観地区には、コスプレをした人がたくさん
いました。
すももチャンの耳も尻尾もない後ろ姿は初めて
見ました、上から見て納得です。
モズは庭で何度か見かけましたが、肉食系の
くちばしをしていました。
by tarou (2024-02-07 14:21) 

猫の友 メルティー

すももさんの寝姿、身体が柔らかい猫さまならではの恰好ですね。
人がやったら、寝違えてしまいます。
水墨画、西洋の人の作品は珍しい。
日中だとよく見る山岳渓谷ばかりが頭に残っています。
by 猫の友 メルティー (2024-02-07 14:36) 

夏炉冬扇

すももちゃん、確かに左右わからない「塊り」ですね。
階上の工事の音。何事ならん。落ち着けませんね。
by 夏炉冬扇 (2024-02-07 15:03) 

zombiekong

左右が分からない寝はすももさんにしかできない技だと思います。
墨画って何を書いても良くて結構アバンギャルドな世界なんですよね。
Bossさんの作品を期待してます。
by zombiekong (2024-02-07 15:05) 

ニコニコファイト

アートいいですね^^ニコもそろそろ動きます^^
相撲はもう首が限界に近い・・・。貴景勝を推しています^^
貴乃花親方の頃は休場ほぼなかったのに・・・、大関になってから休場が多い・・・。親方変わって指導方法が変わったのか??

by ニコニコファイト (2024-02-07 16:26) 

よーちゃん

左右がわからない寝・・・って、確かに~(^▽^;)
ぱっと見は、そもそも猫であることすら、判らなかったりっして!
水墨画の世界、凄いですね~。
モノクロでここまで深~い表現ができるんですね。
そして、ちょこっと赤が入ったりすると、めっちゃアクセント!
by よーちゃん (2024-02-07 16:51) 

溺愛猫的女人

すももちゃんの"左右が分からない寝"にモフっとしてクンクンしたいです。気持ち良いだろうな(*^^*)


by 溺愛猫的女人 (2024-02-07 19:04) 

johncomeback

いつも拙ブログへコメントありがとうございます。
今日の多賀城市の最高気温は8℃、昨日より+5℃でした。
僕はアート音痴なので美術館に縁がありません。

by johncomeback (2024-02-07 19:46) 

ChatBleu

左右がわからない寝^m^ もうこれは新種の生物ですね。
お、Boss365さんも行かれたのですね。
水墨画の世界がこんなにいろいろあるなんて驚きです~。
by ChatBleu (2024-02-07 21:11) 

yes_hama

左右が分からない寝、たしかにどっちが頭だか分かりませぬ!
カラスウリとモズ氏の早贄、なかなか無い組み合わせ? 烏瓜の赤が際立ってますね。モズは爪が鋭かったら猛禽類に分類されちゃうかもしれません。^^;

by yes_hama (2024-02-07 22:36) 

みずき

ニャンコさんは身体が柔らかいから
頭かしっぽか分かんないくらいに
丸くなれますね(^^♪
水墨画も今風だったりで面白いです。
by みずき (2024-02-07 22:39) 

フヂ

左右が分からない寝、いいです寝~~~
ずっと側で見ていたいです。
お手手もたまりません♡

墨絵がそんなにワールドワイドだとは
思っていませんでした。色彩が少なくても
これだけの表現ができるのが素晴らしいです。

モズのはやにえ、「動物のお医者さん」で
知ったのですが、実物は見た事あるような
ないような…。刺さっているのは見た事
あるんですが、モズを見ていないんです。
by フヂ (2024-02-07 22:49) 

ゆきち

くるんと丸まって眠るすもも姫、確かに左右がわかりませんね^^;
ああ・・でもすももさんのつやつや背中の毛柄フェチの私には微妙な違いがわかっちゃいます(#^^#)
お猫様に隠れて何かするのは無理ですね~。
耳も鼻もききますし、ウチのは暇にまかせて小姑のように下僕の行動を観察していますから・・。
『モズのはやにえ』、モズの仕業なのかは不明ですが、実家の木の枝にカエルみたいなのが刺さっているのを見た事はあります。
水墨画の世界、こんな風に猫が書けたら素敵ですね。
写真だと準備している間に動いてしまって、なかなかとっておきの瞬間が撮れませんから、自分で描ければいいのになといつも思います。
マティス!
明るい色彩が好きです♪
ダンスとかジャズとか鳥とか、結構持ってます。絵葉書ですけど^^
by ゆきち (2024-02-08 00:24) 

さる1号

左右が分からない寝、見事にシンメトリカルだなぁ^^
デンマーク人の坊さんの、これいいなぁ
by さる1号 (2024-02-08 04:26) 

あおたけ

左右が分からない寝のすももさん
ソファの上で丸まった姿は左右がよくわからない
“謎の物体”!?(゚∀゚)
すももさんの“アンモニャイト”は
チョコマーブルのケーキにも見えて
ちょっと美味しそうに感じます(*´艸`*)

国立新美術館で美術作品の鑑賞
猫好きはやっぱり猫をモチーフにした作品に
惹かれちゃいますね(*'▽')
深みのある水墨画風の趣きが素敵です☆
モズのはやにえ、撮り鉄で田舎の雑木林などへいくと
たまに遭遇することがあって
不意に見るとちょっとビビっちゃいます笑
by あおたけ (2024-02-08 06:26) 

まるたろう

自分も見て、左右どちらか分からなかったです。
by まるたろう (2024-02-08 07:21) 

ぼんぼちぼちぼち

二枚目のお写真、どちらが頭でどちらが尻尾か、まるで解らなくて面白いショットでやすね!
by ぼんぼちぼちぼち (2024-02-08 12:22) 

ちぃ

左右がわからない不思議な姿のすももちゃん!
くるりと丸まったお姿は袖口を温めるマフのようでもありますね(≧∇≦) 
なんて素敵でゴージャスで暖かそうなマフなんだろうO(≧∇≦)O
真上から見たご様子はちょこんと見えるお手手とあんよがツッパリ気味なのがたまりませんっ!
リュカさんが話題にされていた「美は国境を越えて」。
チラリと見えていたデンマークの方の作品は私も素敵だなーと思っていたもの。
対象が塵のようになって流れていくのは
「一つのところにとどまるものなし」的なものを感じました^^
曉烏英さんの作品はてっきり柿だと思っていたらカラスウリ。
大変失礼しましたm(_ _)m
私もマティスは大好き!
いつかヴァンスのロザリオ礼拝堂に行ってみたいなーと思っていますが
そんな機会は来るのだろうかwww
by ちぃ (2024-02-08 15:19) 

enosan

百舌のはやにえ、私は田舎育ちでしたから子供の頃 自宅の周囲で沢山見ましたよ。そのはやにえになるのは蛙が多いんです。干からびているのが大半で骨皮筋右衛門、忘れているものも多いそうだが、干物を好んで食べるのかも。
いずれにしても冬の時期まで保存しておくには干物より仕方がないでしょうから。百舌の知恵ですね。
by enosan (2024-02-08 15:44) 

naonao

ソファーに丸くなり寝ているすももちゃん(=^・^=)
まさに『左右が分からない寝』ですね。
モズのはやにえ‥木に干からびたカエルが刺さっている
遭遇したら怖いですね(¯―¯٥)
by naonao (2024-02-08 15:46) 

Boss365

enosanさんへ。コメント欄が閉じていたので・・・
こんにちは。
「百舌のはやにえ」ですが、蛙を見る機会多く・・・
ビジュアル的にも大変分かり易い形状ですね。「骨皮筋右衛門」なる程です。
また、干物好き?旨みが凝縮している可能性ありですね。
P.S.「野鳥寄せ集め」みたいですが、綺麗に撮影、ナイスショットです。
ジョウビタキの雌、ふっくらして可愛い姿ですね。
また、自宅庭にヒヨドリが訪問何よりです!!
メジロですが、梅が咲く頃には参戦される事を期待しています!?(=^・ェ・^=)
by Boss365 (2024-02-08 17:35) 

暁烏 英(あけがらす ひで)

 当方の拙い墨彩画に過分なる賛辞と感想を掲示していただき恐縮至極です。ありがとうございます。
Boss365さんの凄い観察力に驚きました。
きょうの午前中に御礼のコメントを入れたのですが消えていました。
 私の製作意図をブログに追記いたしましたので、よろしかったらアクセスしてみてください。
by 暁烏 英(あけがらす ひで) (2024-02-08 20:11) 

U3

こんばんは。お久し振りです。
私の美術館巡りは主に春と秋のみで、東京に行くことが多いですね。
by U3 (2024-02-08 20:17) 

yamatonosuke

眼視顔、取り調べにあたる刑事のようです・・・
ほんとどっちが頭なのか左右が分からない寝(笑)
知らない人が見たらこんな柄のクッションだと思うかも(≧◇≦)
お腹がタルンタルンなのはきっと冬毛のせい~
躍動感のある龍の絵からのモフモフが伝わる猫の絵☆
三匹のお猿さんをスーパー銭湯に連れて行きたいです(笑)
デンマーク人が描く禅は興味深い、
カラスウリと百舌鳥のコントラストは一瞬で目に留まりました☆
by yamatonosuke (2024-02-09 01:00) 

Inatimy

肘をついてこちらを見てるすももちゃん、かっこいいなぁ。
次の写真は、もふもふの塊になってるし♪ 頬擦りしたい。
マティス、カラフルな。こんなタイルがあったらいいなぁ。
「モズのはやにえ」、実際には見たこと、ないです。ちょっと怖いかな。カエルが刺さってるとかは^^;。モズ、干物になったカエル、食べるのか・・・。
by Inatimy (2024-02-09 07:51) 

ミィ

左右が分からない寝、不思議なかたまりに見えますw
そのまま首に巻いてもモフモフ暖かそうな♪
水墨画、繊細だったり大胆だったり見応えありますね。
カエルささってる!カラスウリの赤も効いていて素敵です☆
百舌のはやにえ、庭の枝にバッタだったか虫が刺さってた事あります。
アマガエルもよくメダカ池に遊びに来ていて、名前をつけてかわいがってたので
カエルがささってたらショック大きかっただろうな(^^;
by ミィ (2024-02-09 12:52) 

kuwachan

左右が分からない寝・・・確かに。
もふもふのすももちゃんの寝姿を近くで見ていたとしたら
どっちがどっちか確認していたに違いないです。
曉烏英さんの作品、赤いカラスウリが効いていますね^^
by kuwachan (2024-02-09 15:09) 

tarou

こんにちは、新神戸のホテルからの眺めに
コメントを有難うございました。
この時は、修学旅行生が泊まっていたので、ホテルの
はからいで、高層の部屋に低額で宿泊させて頂きました。
by tarou (2024-02-09 19:19) 

OJJ

墨画展 『美は国境を越えて 2024』を見に行かれたんですね~羨ましい限りです。英さんの分と貴兄のアップされた分(写真が鮮明です)からでも墨絵?水墨画の幅の広さに驚嘆しています。
スモモは猫ですが云々・・は可愛くて印象深いのでしょうね~ 合掌
by OJJ (2024-02-10 12:30) 

sana

すももちゃん、最初は何か興味があって起き出そうとしてる所? つぶらなお目目とおてての位置が可愛いです^^
2枚目、おお~綺麗な模様が可愛い~左右わかりにくいっ!^o^
んふ、でも実はわかりますよ~おせなの柄覚えてますもの。
「美は国境を越えて」そういう展覧会だったのですね。
墨絵はsumi-eとして知られていて、描く人も多いとは。
ご紹介で印象がくっきり伝わり、見ごたえがあります。
曉烏英さんの作品も素敵です。ブログも拝見してきました。素晴らしいですね。
ご紹介、ありがとうございました~^^
by sana (2024-02-10 20:10) 

tarou

お早うございます、北野異人館街を歩くにコメントを
有難うございました。
初めて行ったのは、まだNHKの「連続テレビ小説 風見鶏」が
放送されているころで、観光地とは言えない頃でしたが、
今はたくさんの洋館が公開され、一日では回り切れません。
by tarou (2024-02-11 07:01) 

はなだ雲

トラじゃなくてニャンコが岩に乗ってる掛け軸
初めて見ました、斬新!
墨絵を中心とした国際公募展
型破りな作品ばかりですね
墨で描くのはいいけど特に掛け軸でなくてもいいのでは
・・なんておもう作品もあります笑
by はなだ雲 (2024-02-11 11:39) 

横 濱男

今は、外国人の方の墨絵もあるんですね。
「モズのはやにえ」、生見は無いけど、昨年9月にNHKのダーウィンが来た!で見ました。
内容は、これまで「冬の保存食」とされてきたが、それを覆す新説が発表された。
マンションの改装・リフォームは、響きますからね。。
by 横 濱男 (2024-02-11 11:42) 

藤並 香衣

モズのはやにえは、子供の頃に自宅の庭で見ましたが
刺している現場は見た事なないので
一度目撃してみたいなとずっと思ってます
by 藤並 香衣 (2024-02-11 22:04) 

カトリーヌ

すももちゃん、抱きつきたくなる背中です♡
サイドボディはアメショーさん特有の渦巻き柄がステキです(*´艸`*)
ホント、アートに国境なんてありませんよねw
墨絵ってなんだか重いイメージを持っていたのですが
濃淡でこれだけ表現が出来るってすばらしいことですね。
芸術って奥が深いなぁ^^
私もデンマークの方の作風が気に入りました(*^-゚)v
by カトリーヌ (2024-02-12 22:09) 

YellowDog

すももちゃん、綺麗に丸くなって寝ていますね。
モズのはやにえ、随分前に自宅の梅の木の枝で見ました。
小さなトカゲでしたが、びっくりした記憶があります。
by YellowDog (2024-02-12 22:16) 

U3

再訪問!
写真を見た感想は「猫饅頭」・・・♡
by U3 (2024-02-13 10:34) 

ヤッペママ

すももちゃんへ
漸く散歩に出られるようになったのですももちゃんに逢いに来ました。
これからも宜しくね。
by ヤッペママ (2024-02-13 15:49) 

tarou

こんにちは、風見鶏の館にコメントを有難うございました。
北野異人館のシンボル、風見鶏の館はいつまでも残して
欲しいものです。
by tarou (2024-02-13 18:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。